岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 「悪い歯並び」の原因と治療法 » 受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)とはどのような歯並びの状態のことを言うのか、また、それによる弊害はどのようなものがあるのかをご紹介します。生活が困難になるとまではいかないけど、歯並びが気になる方は必見です

受け口(下顎前突)とはどのような歯並びの状態?

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)は、下あごの前歯が上あごの前場よりも、前に出過ぎてしまった状態です。出っ歯(上顎前突)とは、ちょうど真逆の状態にあります。見た目の問題だけでなく、食べ物が噛みにくく、歯茎にダメージを耐えやすいため、歯周病にもなりやすいと言われています。

受け口(下顎前突)の原因は?

原因1:生まれつき

下の顎が大きい、または上の顎が小さいなど、遺伝的な要素が骨格に大きく影響しています。

原因2:前歯の軸が原因

上の顎の前歯が内側に傾いてしまい、下の顎の前歯が外側に向いてしまうことで骨格のバランスは問題がなくても顎が反対の噛み合わせ(反対咬合)状態になることです。

原因3:癖が原因

小さい時は無意識の内に下の顎を前に突き出す癖があることがあります。また、口呼吸をする癖がある場合は舌の位置が不安定になってしまい、下の前歯の裏側を前に押していることがありこれらが原因で徐々に受け口になっていく場合があります。

受け口(下顎前突)によって引き起こされる弊害は?

弊害1:成長と共に受け口がよりひどくなる

受け口は成長するに伴って状態がひどくなっていきます。下の顎の骨は、思春期ごろに体の成長に合わせて急激に大きくなってくるという特徴があります。この下の顎の骨の成長スピードが上がる前に反対咬合を改善していないと矯正が必要になる可能性が高まります。

弊害2:咀嚼(そしゃく)機能の低下

噛み合わせが悪くなってしまうと、食べ物を噛む時(そしゃく)に無理な力がかかってしまいます。また、顎に負担がかかりやすくなるので痛みを伴うこともあります。

弊害3:発音がしづらくなる

受け口の方は作業の発音がしづらくなってしまい、舌っ足らずな喋り方になってしまうことがあります。特にサ行でその影響が顕著に現れます。

主な治療方法と岡山県内での費用相場

安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
450,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。