岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 「悪い歯並び」の原因と治療法 » 出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)とはどのような歯並びの状態のことを言うのか、また、それによる弊害はどのようなものがあるのかをご紹介します。生活が困難になるとまではいかないけど、歯並びが気になる方は必見です。

出っ歯(上顎前突 )とはどのような歯並びの状態?

出っ歯(上顎前突 )

上顎前突(出っ歯)とは、上顎の前歯が下顎の前歯もしくは顎顔面よりも、前に出過ぎてしまった状態のことです。症状によって、前歯が前方傾斜して先端部分だけが前に出ている場合と前歯全体がかぶさってしまっている場合があります。上顎が下顎より大きい状態にあるときに起こりやすい歯並びです。

出っ歯(上顎前突 )の原因は?

原因1:指しゃぶりや爪を噛む癖がある

幼少期に指しゃぶりをしていると、徐々に上と下の顎の前後関係がずれてきます。また、前歯が前の方に傾いてしまうことがあります。乳児のときに指をしゃぶるのは問題ないですが、乳歯の時期にも指しゃぶりを続けていると、歯並びが悪くなってしまいます。同様に爪を噛む癖がある方でも同じことがありえます。

原因2:舌で前歯を内側から押す癖がある

舌を前方に出すような押し出すような習癖がある場合に、そのような方の歯は徐々に時間をかけて舌や指の力によって歯が前方に移動し、出っ歯になってしまいます。

原因3:生まれつきの骨格性によるもの

生まれつき上顎の骨が大きい方や、下顎が小さい方は顎の上下の位置関係によっても出っ歯になりやすいです。この場合は、ご自身の癖や習慣とは関係なく出っ歯になることがあります。

出っ歯(上顎前突 )によって引き起こされる弊害は?

弊害1:常にドライマウスの状態になる

唇が開いている状態が続くと、口内の乾燥を引き起こし、ドライマウスになりやすくなります。ドライマウスになると唾液の分泌量が減ってしますので、唾液が持つ抗菌作用が低下してしまいます。その結果として、細菌が増殖し虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

弊害2:歯を折るなどの怪我につながりやすい

前歯が前方に傾きすぎていると、スポーツ中に前歯を折ってしまったり、唇を傷つけてしまうなどケガのリスクが高まります。

主な治療方法と岡山県内での費用相場

  • 表側ワイヤー矯正
  • 費用:70~100万円/治療期間:2~3年程度
    骨格的に顎の位置がずれている場合や、歯を大きく移動させないといけないなどの場合にはワイヤー矯正が有利な場合があります。
  • 裏側ワイヤー矯正
  • 費用:100~140万円/治療期間:2~3年程度
    裏側にワイヤー装置を着ける矯正方法です。口を開いても矯正をしていることが分かりにくい矯正です。
  • マウスピース矯正
  • 費用:60~130万円/治療期間:1~3年程度
    半透明のマウスピース装置で行う矯正方法です。裏側矯正と同じように口を開けても目立ちにくいです。
    歯並びの状態によって費用や治療期間は異なりますので、矯正について気になる方は一度歯医者さんにご相談ください。

監修医師紹介

阿部洋太郎 歯科医師・博士

阿部洋太郎 歯科医師・博士
  • 所属:丸の内帝劇デンタルクリニック
    https://www.teigeki-dental.com/
  • 松島歯科・新橋インプラントオフィスにて副院長およびインプラントオフィス所長を兼務
    医療法人社団ever丸の内帝劇デンタルクリニックにて審美歯科を中心に診療

監修医より一言

歯並びの治療にはある程度の時間がかかります。早いうちに若いうちに取り組むのが有利なのも矯正治療の特徴です。気になる方は歯の健康や審美性のために歯科にご相談してみると良いと思います。

※本記事の医師監修に関して、学術部分のみの監修となり、医師が具体的なクリニックや施術や商品等を推奨しているものではございません。

安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
450,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。