岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 「悪い歯並び」の原因と治療法 » すきっ歯(正中離開)

すきっ歯(正中離開)

すきっ歯(正中離開)とはどのような歯並びの状態のことを言うのか、また、それによる弊害はどのようなものがあるのかをご紹介します。生活が困難になるとまではいかないけど、歯並びが気になる方は必見です。

すきっ歯(正中離開)とはどのような歯並びの状態?

すきっ歯(正中離開)

正中離開、いわゆる「すきっ歯」は、真ん中の歯と歯の間に空間ができている状態のことです。あごに対して歯が小さい、舌が大きくて前歯を押していることなどが原因といわれています。見た目以外にも、空気が抜けてしまうため発音(特にさ行)がしづらいことも多いようです。歯の全体に隙間がある症状は、空隙歯列と呼ばれます。

すきっ歯(正中離開)の原因は?

原因1:生まれつき歯の本数が通常よりも少ない

生まれつき永久歯の本数が少ない場合や、歯の大きさが小さい場合は、本来歯で埋め尽くされるべきところに隙間ができてしまい、すきっ歯になってしまいます。永久歯は通常、親知らずを除いて28本ですが、そのうちの数本が元々生えてこない先天性欠損という症状が10人に1人の頻度で現れます。

原因2:過剰歯が永久歯の成長を妨害している

歯と歯の間に本来あるはずがない歯が埋まっている状態のことを過剰歯と言います。過剰歯が永久歯を邪魔することで、正しい方向に生えずに隙間(空隙)出来てしまいます。

原因3:上唇小帯が原因

前歯の中央部から唇にかけて続く帯状の部分を上唇小帯(じょうしんしょうたい)と言います。上唇小帯が通常よりも歯茎の内側まで成長している場合はすきっ歯になりやすいのです。

すきっ歯(正中離開)によって引き起こされる弊害は?

弊害1:発音に困る

歯と歯の間に隙間があると、前歯から息漏れをすることがあります。そうした場合、発音がし辛くなります。特にサ行の場合だと顕著に現れます。

弊害2:歯周病のリスクが高まる

隙間がある歯列の場合、食べ物が詰まったり挟まったりすることがあります。そのような状態が長年続くと食べ物が歯肉を押し込み傷つけるために歯周病を起こしやすいです。

主な治療方法と岡山県内での費用相場

安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
450,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。