岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 岡山で理想の前歯になれる歯科クリニックカタログ » LIEBE Dental Clinic

LIEBE Dental Clinic

デンタルクリニックとは思えないお洒落な外観とポップでアットホームな院内が印象的な、LIEBE Dental Clinic。院長も気さくで人とのコミュニケーションをとるのが得意とのことですから、親戚の家へ遊びに行くような感覚で通うことができますね。

LIEBE Dental Clinicの歯科矯正の内容は?

月に1回矯正治療の担当医が来院し診察するというスタイルですが、緊急のトラブルには勿論対応できますし、矯正治療と並行して虫歯などの利用も行うことができるのもLIEBE Dental Clinicの強みです。矯正治療に関する無料相談も受け付けています。

矯正の種類:クリアブラケット

クリアブラケットのメリット

通常ワイヤー矯正に使用するのは金属のワイヤーとブラケットですが、これには目立ってしまう・金属アレルギーのある人には使用できないといったデメリットがあります。これらのデメリットを解消したのが、LIEBE Dental Clinicでも導入している「クリアブラケット」。同じワイヤー矯正ですが、使用するブラケットとワイヤーが目立ちにくい透明のプラスチックやセラミック製であるため、見た目が気になる人や金属アレルギーのある人でも使用することができます。どんな症例にも対応でき細かな微調整も可能、治療期間も短くて済むなどといった従来のワイヤー矯正と同じメリットも持ちあわせています。

クリアブラケットのデメリットやリスク

「とにかく目立たない矯正を」と考えた場合にはやはりマウスピース矯正や裏側矯正の方が有利。透明とは言え装置の影ができるため、よく見れば装置があることに気づかれてしまいます。また通常の金属装置と比べると多少強度が弱いというデメリットもあります。

矯正の種類:小児矯正(Ⅰ期)

小児矯正(Ⅰ期)のメリット

10歳くらいまでの小児を対象に行う小児矯正(Ⅰ期)は、顎や歯がまだまだ成長段階にあるためあごの骨を広げたり歯を動かしたりしやすく、痛みも少なくて済むのが最大のメリットです。こうして顎や歯の正しい成長を促せば、後々抜歯する必要性はグッと減りますし、場合によってはⅡ期矯正(永久歯が生えそろった後の矯正治療)を行う必要すらなくなることもあります。

小児矯正(Ⅰ期)のデメリットやリスク

小児矯正は経過観察しながら行う治療であるため、トータルの治療期間が長くなってしまうというデメリットがあります。また自分自身が矯正治療の必要性を感じていない小さな子供の場合、治療がストレスとなったり治療を嫌がったりする可能性もあるでしょう。

LIEBE Dental Clinicの口コミ評判をチェック

LIEBE Dental Clinicの口コミ評価は見つかりませんでした。

Point:人とのコミュニケーションが大好きな院長

「得意分野にこだわりなし、しいて言うならコミュニケーションが得意」と話すLIEBE Dental Clinic院長・福江医師。2017年開院とまだ新しいため口コミは見つかりませんでしたが、患者の話をしっかりと聞き、適切な治療について分かりやすく説明してくれると期待できそうです。

LIEBE Dental Clinicの基本情報

所在地 岡山県岡山市中区関157-1
アクセス 山陽本線東岡山駅出口車6分
診療時間 09:30~13:30/14:30~18:30
土曜09:00~12:30/13:30~16:30
休診日 水曜・日曜、祝日
電話番号 086-230-1818

このページの更新履歴

安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
450,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。