岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 岡山で理想の前歯になれる歯科クリニックカタログ » たんじフレンド歯科 

たんじフレンド歯科 

岡山市北区で、矯正歯科以外にも、一般歯科、小児歯科、歯周病治療、口腔外科などの幅広い対応をしているクリニックです。ここでは、矯正歯科を中心に矯正歯科の種類やメリット、デメリットや費用などをまとめてみました。

たんじフレンド歯科の歯科矯正の内容は?

クリニックでは、矯正装置を使って、悪い噛み合わせや歯並びをキレイに整える矯正を行なっています。メインで使用される矯正装置はメタルブラケット、セラミックブラケット、部分矯正のMTM と呼ばれるものです。矯正は小児矯正も成人の方の矯正も両方とも対応可。歯並びや関係する顎関節の状態を検査し、診断結果を元に矯正治療を開始します。矯正装置は1ヶ月に1度調整。治療期間は、一般的な目安として2~3年です。治療後一定期間はリテーナー保定装置をはめ、歯の逆戻りがないように最終調整をしています。

矯正の種類:メタルブラケット矯正

メタルブラケット矯正のメリット

従来からある一般的な矯正装置です。薄く丈夫であり、比較的短期間で矯正を終えることできます。さまざまな矯正装置の中でも料金は割安です。

メタルブラケット矯正のデメリットやリスク

金属製のタイプなので、矯正をしているのが見た目からわかりやすいです。

矯正の種類:セラミックブラケット矯正

セラミックブラケット矯正のメリット

形はメタルブラケットと同じですが、色・質感が異なり、自然歯に近いセラミック素材でできているのが特徴的です。従来の矯正装置だといわれるメタルブラケットに比べると、外見は改善されています。

セラミックブラケット矯正のデメリットやリスク

歯の外側から矯正をするワイヤータイプなので、気づかれやすいことには変わりありません。

矯正歯科治療がお手頃な
岡山のおすすめ歯科クリニックをチェック

たんじフレンド歯科の口コミ評判をチェック

口コミのイメージ

キレイな歯医者さん

清潔感のある歯医者さんで、クリニック内はとてもキレイです。先生やスタッフから、治療について丁寧に説明していただき、こちらの希望もちゃんと聞いてくれました。

引用元:EPARK
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/3330108923/tab/7/

口コミのイメージ

キッズスペースがある

大人のための矯正歯科でクリニックに通っていました。クリニック内にはキッズスペースがあるんぼで、長時間の治療でも子供を預けながら治療ができたので本当に助かりました。

引用元:EPARK
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/3330108923/tab/7/

口コミのイメージ

矯正してよかった

矯正治療をしていますが、とても良いです。カウンセリングも治療も丁寧でスムーズです。歯並びも、先生の言ったように綺麗になっています。

引用元:EPARK
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/3330108923/tab/7/

Point:子どもから大人までの矯正スキルがある

矯正歯科も積極的に行なっているクリニックです。子どものための小児矯正から大人向けの成人矯正までも同時に対応しています。矯正方法は従来の矯正方法を取り入れていますが、1本~数本の歯並びだけを整えたい場合は、部分矯正も対応可能です。

たんじフレンド歯科の基本情報

所在地 岡山県岡山市北区一宮139-1td>
アクセス 備前一宮駅から徒歩18分
診療時間 9:00〜12:30、14:30〜19:00
休診日 月・日・祝
電話番号 086-284-7777
安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
450,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。