岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 岡山で理想の前歯になれる歯科クリニックカタログ » 横山歯科・矯正歯科医院

横山歯科・矯正歯科医院

1974年から岡山市で歯科医療を提供し続ける「横山歯科・矯正歯科医院」。一般歯科・小児歯科・口腔外科・審美歯科・矯正歯科の5つの診療を行っており、ドクターは全員医学博士を取得しています。専門のドクターによる質の高い治療も魅力のクリニックです。ここからは、「横山歯科・矯正歯科医院」の歯科矯正の特徴をみてみましょう。

横山歯科・矯正歯科医院 矯正歯科の歯科矯正の内容は?

横山歯科・矯正歯科医院は、不整咬合の診断を受けた患者に対して歯科矯正を行っています。保険適用外の治療のため、相談時に費用面についても細かく説明。納得した状態で治療が受けることが可能です。矯正治療が完了した後は、半年に1度定期検診を実施しています。

矯正の種類:ワイヤー矯正

ワイヤー矯正のメリット

矯正治療と聞くとイメージが湧きやすいのが、ワイヤー矯正です。横山歯科・矯正歯科医院のワイヤー矯正は、子ども・大人の両方に対応しています。ワイヤー矯正は、ワイヤーの力で歯を無理なく動かすことが可能で、多くの症例にも対応している点がメリットです。また、取り外しができない分、短期間での治療や自然な歯並びを実現できるとも言われています。治療期間は、2~3年としていますが、症状によって多少は異なるため、どのような事例があるかも聞いてみるといいかもしれません。

ワイヤー矯正のデメリットやリスク

ワイヤー矯正は、金属素材のブラケットを使用することが多く、治療中は目立ちやすい点がデメリットです。現在は、セラミックやプラスチック素材などのブラケットなど目立ちにくい素材を使用する場合もありますが、その分価格も上がるそう。横山歯科・矯正歯科医院では、使用するブラケット素材の記載はなかったので、相談時に確認してみることをおすすめします。

矯正の種類:リンガル矯正

リンガル矯正のメリット

リンガル矯正とは「裏側矯正」のことを言います。ワイヤー矯正と同様、装置を固定されるため取り外しはできませんが、歯の裏側に装着することで目立ちにくい点がメリットです。人と接する仕事をしている人なども、気づかれにくいため治療を始めやすいことが魅力と言えるでしょう。

リンガル矯正のデメリットやリスク

歯の裏側に装着するリンガル矯正は、見えない部分であるが故に日頃のケアが大切です。ブラッシングもしにくい点がデメリットですが、横山歯科・矯正歯科医院では装置装着前に歯科衛生士による歯磨き指導を行っています。

矯正の種類:ハーフリンガル矯正