岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 歯医者さんへ行く前に知っておきたいコト » 矯正治療後の後戻り

矯正治療後の後戻り

公開日: |最終更新日時:

長い期間を要する矯正治療も、歯が指定の位置に移動し終われば器具を矯正器具を外すことになります。しかし、それで矯正治療が完了するわけではありません。矯正器具を外したあとは、矯正治療後の後戻りを防ぐための期間に入るのです。ここでは、矯正治療後の後戻りについて学んでいきましょう。

後戻りとは何か

矯正治療は、矯正器具によって長い時間をかけて歯の位置を移動させる治療です。ところが、矯正器具によって移動させた歯は今度は元の位置に戻ろうとします。これが後戻りです。

矯正治療後に何もしないでいると、せっかく長い時間をかけて移動させた歯が元通りになってしまいます。場合によっては、矯正前よりも歯並びが悪くなってしまうこともあるので、歯が指定の位置に移動し終わっても油断はできません。

矯正治療期間は、「歯を理想の位置に移動させる期間」と「移動させた歯を固定する期間」のふたつに分かれており、移動させた歯がしっかり固定したことを確認するまでが矯正治療です。

矯正治療後に後戻りする原因

リテーナーを使用していない

矯正器具によって歯が予定していた位置に移動し終わったら、今度はその歯が後戻りしないように固定するための「保定期間」に入ります。この保定期間中に、歯の後戻りを防ぐために装着する器具が「リテーナー」です。矯正治療後に歯並びがおかしくなったというケースの大半は、このリテーナーを使用していなかったことが原因の1つとしてあります。

リテーナーは固定するために必要

矯正器具によって歯が移動し終わって間もない時期には、まだ歯が安定していません。人によってはかなりのぐらつきを感じる場合もあるでしょう。矯正治療中に歯が動いているあいだ、顎の骨と歯根をつなぐ組織である「歯根膜」という組織は移動によって伸びた状態にあります。

また、歯肉の中には「歯肉線維」というゴムのような組織があるのですが、この組織も同じように矯正治療で歯が移動することによって伸びていき、矯正器具を外すと元通りに縮もうとします。リテーナーでの保定は、こうした歯の周辺組織が安定するまでしっかりと歯を固定するのに必須の工程なのです。

舌癖や口呼吸による後戻りも

矯正治療は器具によって小さな力を長期間かけ続けて歯を移動させる治療です。それと同じように、歯が移動したあとに不適切な舌癖や口呼吸が習慣化していると、たとえほんのわずかな力であっても長期間に渡って力がかかり続け、せっかく正しい位置に移動させた歯が誤った方向に移動してしまうこともあります。

こうした生活習慣によって歯にかかる力は矯正器具の実に数倍とも言われており、知らないあいだに矯正前以上に歯並びが悪くなってしまうケースもあるのです。舌癖や口呼吸以外にも、頬杖、横向き寝、うつぶせ寝、指しゃぶり、唇の巻き込みなどの癖があると、矯正治療後の後戻りが出やすくなります。

参照元:フォレスタ武蔵小杉矯正歯科 https://www.foresta-kyousei.com/archives/788

治療が自分に合っていなかった

外科矯正をしていない

口内状況によっては、矯正治療と併せて外科手術が必要になる場合があります。顕著な反対咬合や出っ歯などの極端に歯並びが悪いケースでは、そのまま矯正しようとすると限界を超えて歯を傾けたり、歯を支える骨である歯槽骨から歯がはみ出てしまいます。そのため、外科手術を同時に行って矯正をしなくてはいけません。しかし、そうした外科手術をせずに強引に歯を移動させてしまうと、矯正後の後戻りを招くことになります。

抜歯をせずに矯正した

天然の歯は大事なものなので、安易に抜くのは良くないことですし、多くの矯正歯科やクリニックでも「なるべく抜かない矯正治療」を推奨しているところがほとんどです。しかし、もちろんすべてのケースで葉を抜かずに矯正治療ができるわけではありません。歯を抜かずに矯正治療を行う場合、歯を移動させるスペースを確保するためには歯列を横方向に拡大しなくてはいけません。まだ顎の骨が成長しきっていない子供の場合なら、正中口蓋縫合という骨の継ぎ目が閉じ切っていないので、大きくスペースを取れます。

しかし、顎の骨の成長が終わった成人の場合はそうはいきません。無理に顎の骨を拡大してスペースを確保しようとすると、結果的に矯正治療後の後戻りの原因になってしまうのです。

参照元:すずき矯正歯科の公式ブログ https://www.suzuki-or.com/blog/approach/#i-5

親知らずが原因で後戻りすることも

親知らずのせいで後戻りが発生することもあります。親知らずが真っ直ぐに生えている場合はいいのですが、横向きになっている場合、親知らずの前の歯に常に力がかかる状態になり、前歯の並びがずれていくことがあるのです。

再治療は必要?

マウスピース矯正の再治療

後戻りが発生した場合、そのときに行っていた矯正治療の種類に合わせた方法で再治療を行うことになります。マウスピース矯正時に後戻りが生じた場合、軽度であれば同じようにマウスピースを装着することで再治療を行います。

ワイヤー矯正の再治療

ワイヤー矯正中に後戻りが生じた場合は、後戻りの程度にもよりますが再びワイヤーを装着して歯列矯正を行うことになります。

参照元:フォレスタ武蔵小杉矯正歯科 https://www.foresta-kyousei.com/archives/788

後戻りを防ぐために気を付けること

舌癖をなおす

せっかく矯正治療を行っていても、後戻りを誘発させやすい癖が身についていると結局後戻りが生じて矯正が無駄になってしまいます。舌で端を押す癖は代表的な後戻りを誘発させやすいので、心当たりがある場合は治すように心がけましょう。家族や友人に指摘してもらうほか、矯正治療前に担当医に相談するのも有効です。

唇の癖にも注意

唇の癖も後戻りを誘発させやすい癖のひとつです。唇には本来、歯が前に出ないように内側に押さえ込むという役割があるのですが、唇を噛む、吸い込むといった癖があると過度に歯を押さえつけてしまうので、矯正した歯が過度に内側に傾いてしまいます。

口が開けっ放しになりがちな口呼吸はこれとは逆に、歯を内側に押さえ込む力がかからない状態です。そのため、出っ歯になりやすくなります。

正しい姿勢を保つ

普段の姿勢も後戻りに大きな影響を与えます。特に寝るときは長時間同じ姿勢でいるので、不適切な姿勢が習慣化していると寝ているあいだじゅう歯に負担がかかることになるのです。うつぶせ寝、横向き寝は要注意です。また、頬杖をつく癖も同じように歯に負担がかかるので気をつけましょう。

参照元:フォレスタ武蔵小杉矯正歯科 https://www.foresta-kyousei.com/archives/788

関連ページ

岡山県の矯正歯科専門メディア - キレイハ

歯医者さんへ行く前に知っておきたいコト
矯正歯科のことは矯正のプロに聞こう
インビザラインでも虫歯に気をつけるべき?
ブラケットが外れた時の対処法
あの芸能人も矯正してるってホント?
岡山での歯科矯正の費用相場は?
大人の歯科矯正の期間
痛みや見た目はホントに大丈夫?
安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
453,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。