岡山の矯正歯科クリニックガイド『キレイハ』 » 歯医者さんへ行く前に知っておきたいコト » 岡山での歯科矯正の費用相場は?

岡山での歯科矯正の費用相場は?

歯科矯正にかかる治療費用について、岡山の平均費用を調べました。今回は代表的な歯列矯正である、ワイヤー矯正・裏側矯正・マウスピース・インビザラインについて調べました。

ワイヤー(ブラケット)矯正の岡山での費用相場

ワイヤー(ブラケット)矯正は最も一般的といえる矯正の方法です。それぞれの歯にワイヤー(ブラケット)といわれる器具をを設置し、引っ張ることで歯並びを矯正していきます。古くからある矯正方法のため症例が多いですが、矯正しているのが目立つ、場合によっては痛みが生じやすいなどのデメリットもあります。

裏側矯正の岡山での費用相場

ワイヤー(ブラケット)矯正と基本的には同様の矯正方法ですが、器具を歯の裏側に付けることで見た目への影響が少なくなります。ただし、他の矯正法歩比較して少々治療費用が高い、歯磨きがしにくい、歯が矯正器具に当たるといったデメリットも。行っているクリニックも限られますので、医師への相談が必要です。

マウスピース矯正の岡山での費用相場

その名の通り、自分の歯並びに合わせたマウスピースを用いて行うのがマウスピース矯正です。マウスピースをは透明なので目立ちにくく、さらに自分で取り外し・装着ができるため、食事中や歯磨きの際は外すことができ衛生的。あご自体を矯正する方法ではないため、特定の歯並びの治療はできないといったデメリットはありますが、見た目を重視する女性には特にオススメの方法です。

インビザラインの岡山での費用相場

マウスピース矯正の一種であるインビザラインは、使用するマウスピースが特に薄く透明なので目立ちにくいという特徴を持っています。専用コンピュータソフトによる3次元画像技術を使った誤差の少ないマウスピースを制作するため、歯科医師の技術が求められるようです。

以上のように歯全体を矯正するよりも前歯部分のみを矯正したい場合は部分矯正を選ぶことで治療費を抑えることが可能になります。詳細な費用については歯科医院にお問い合わせください。

リテーナーの岡山での費用相場

矯正治療後に用いるリテーナーの岡山での費用相場は、5,000円~6,000円程度。口腔状態によって必要となる器具が異なるため、人によっては相場よりも費用が高くなる可能性があります。

また、リテーナーを使う保定期間でも、定期検診が欠かせません。保定期間は半年や1年など、症例によってさまざまで検査内容にもよりますが、一般的には1回の検査につき2,000円~5,000円の費用が必要となります。矯正や検査にかかる費用はクリニックが扱っている治療方法によってかなり幅があるので、なるべくコスパ良く矯正したいという人は、事前にクリニックの治療方法と費用を充分に比較・検討しておきましょう。

歯科矯正で使えるデンタルローンについて

自由診療に属する歯列矯正やインプラント、審美歯科治療などでは健康保険が適用されないため、医療費が高額となってしまうケースも。そのため、「矯正治療を受けたいけど、1度に高額な費用を支払うのは金銭的負担が大きい…」と悩む人が少なくありません。そこで役立つのがデンタルローンです。

デンタルローンとは歯科医療費の支払いを目的とするローンのこと。通常の多目的ローンと比べて低金利かつ長期間の借入ができます。返済回数も多く設定されており、余裕を持って支払いできるのもメリットです。

歯科矯正の医療費控除について

歯列矯正治療は基本的に保険適用外ですが、厚生労働大臣の定める疾患に限っては保険診療が適用されます。保険が適用される治療は、以下の通りです。

なお、保険が適用される医療機関は、厚生労働大臣の定める施設基準に適合し、地方厚生局長に届け出た保険医療機関のみとなるので注意してください。

安い費用でマウスピースによる
前歯の矯正ができる
岡山のクリニック
オーラルビューティー&ヘルスケア北歯科医院TEL:0868572025
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
370,000
治療にかかる期間
5ヶ月〜
守屋歯科医院TEL:0864466400
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
386,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜
うえき歯科・矯正歯科TEL:0862770202
前歯(両あご)の矯正にかかる費用
450,000
治療にかかる期間
6ヶ月〜

【矯正治療の費用と期間】
日本矯正歯科学会によると、マウスピース矯正の一般的な費用は35~80万円程度。期間については平均1~3年程度と要するとされています。症状や治療方法、クリニックによっても費用・期間ともに変動しますので、まずはカウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

【矯正治療のリスク】
矯正中は虫歯や歯周病、装置の接触による口内炎などにかかりやすくなる可能性があります。 また、金属の装置による金属アレルギーや装置装着時の発音障害などの恐れもありますので、あらかじめどんな症状・副作用があるのか医師・クリニックへご相談ください。